News

2017/09/04

地域林業・木材産業機械設備リース導入支援事業の追加募集について


全国木材協同組合連合会では、リースを活用した高性能林業機械等及び木材加工設備の導入支援として、
林野庁補助事業「地域林業・木材産業機械設備リース導入支援事業」について、追加募集を行います。

この事業は、高性能林業機械、小型の林業用機械及び木材加工設備のリースによる導入を支援することにより、
導入手段の多様化と入手コストの軽減等(特に初期投資の軽減)を図り、
低コストで安定的な国産材の供給及び品質・性能の確かな木材製品の安定供給を促進するものです。

[助成対象機械・設備]
・高性能林業機械(プロセッサ、グラップル、フェラーバンチャ 等)
・リース物件価格が概ね300万円以下の小型の林業用機械
・木材加工設備(モルダ、CAM(プレカット機械) 等)

【追加募集期間】 平成29年9月4日(月) ~ 平成29年10月16日(月)

注)  募集期間中であっても、必要に応じ、審査・助成決定を行います。
   また、応募申請の総額が予算額に達した場合には、募集期間中であっても
   募集を締め切らせていただくことがあります。
   なお、申請書が受理された場合でも、精査の結果、予算額を超過するなどの理由により
   助成されない場合があります。


詳しくは、こちらをご覧ください → 全国木材協同組合連合会

申請の手続き・ご相談などは、
広島県木材協同組合連合会(TEL082-253-1433)、
または 全国木材協同組合連合会(TEL03-3580-3215) までお願いします。